息子のお小遣いについて

スポンサーリンク

子供のお小遣いの渡し方!

先日、忘年会で友人達が集まった時

子供のお小遣いの話になりました。

子供達の年齢はバラついていたのですが

大体が月に何百円〜何千円渡すというお小遣い制でした。

我が家はお手伝いをしたらお小遣いを渡す報酬型!

僕と、もう一人の友人は

良いのか悪いのか分かりませんが成果報酬型でした。

僕の息子は現在、小学校2年生ですが。(2019年1月7日現在)

みんなに、2年生からそんなお金の渡し方するん?

って、否定的な発言を言われました。

なぜ報酬型にしているのか

僕の意見としては・・・

大人になったら生活の為に必ず働きます。

そして社会貢献した報酬として給料を得る。

このシステムは今後もずっと変わらないので、

初めからその制度を適用した方が子供のためだと思っています。

僕と、もう一人の友人も自営業なので、

「自分でお金を稼ぐ、お金を稼ぐという事はどういう事か」

という事を身に染みて分かっているので

早くから、子供にも理解してもらう方が良いと思い

報酬型のお小遣い制にしています。

普段は、あまり意見が合わない友人ですが

この事に関しては、めっちゃ意見があったので

「おぉ〜」ってなりました。笑。

スポンサーリンク


社会人でも労せず給与を得てる人がいっぱい!

社会人のごく一部にも仕事をせず昼寝をして

「何も労せず、毎月安定したお金が入ってくる」

っていう人も少なからずいてる訳で・・・

その収入を仕組みがダメだって思っています。

成果を出している人が、成果相応の報酬を得るべきだと思っています。

学業も大事!でも自分で稼ぐ力はもっと大事!

「その考えを子供にもするってえぐいな〜」

って言われるのですが・・・

小さい時から有名大学にいけるようにと学業を身に付けさせる事より

はるかに大事な事だと僕は思っています。

もちろん、子供に対して物凄い働きをさせている訳ではありません。

子供も楽しんで出来る程度のお手伝いをしてもらい

僕や、僕の両親が、「ありがとう手伝ってくれて助かったわ〜」

って思えるお手伝いをしてくれたら、貯金箱にお金が入る仕組みにしています。

お互いが楽しくできて、子供にとっては褒められるし、お小遣いも貰えるので

お手伝いを意欲的にやってくれるようにもなります。

仕事も人と人との繋がりで社会貢献する事が根底である

この一連の流れの延長線が、仕事をしてお金を得る事に繋がってます。

ご自身で自営などで仕事されている方は、わかると思うのですが

結局、仕事も人と人との繋がりであって

お客様にありがとうって言ってもらえる事(社会貢献)をしないと

お金を得る事は出来ません。

そして、信用と責任の大きさに比例して収入も大きくなっていると思います。

いきなり子供にそこまで理解させる事は致しませんが

少しずつ自分自身で経験を積みながら理解して行って欲しいなと思います。

それに踏まえて、仕事って素晴らしい事も伝えて行けたらと思います。

コメント